暑さ対策して外仕事をしないと危険すぎる!

 

 

暑さ対策なんて夏になってからの話だと思っていませんか。

 

暑さや寒さは想像はしていても、実際その時になってみないと実感できないものです。

 

真夏になってからでは遅すぎ! 6月あたりから暑さ対策だけは考えておきましょう。

 

それでもまだ早いと思っている人は、夏にはエアコンの効いた涼しい部屋で過ごせると思っているからかも知れません。

 

 

真夏の外仕事にお勧め! 暑さ対策作業服セット

 

もし、真夏の炎天下での仕事が毎日あるとか、ボランティア活動や外仕事を時々する予定があるなら、暑さ対策用の涼しくなる作業服だけは準備しておいた方が無難です。

 

専用の作業服に小型ファンを取り付け、服の中に外気を取り入れるという夏専用の作業服があります。

 

小型ファンによって体の表面に風を送ることにより、汗を気化させて涼しく快適にすごせるという作業服です。

 

暑さ対策 うちわ

エアコンの使用できないような場所でも、扇風機を浴びてる感じで快適に作業できると思います。

 

涼しい感じでも汗はかいているので、水分補給も忘れてはいけません。

 

 

真夏になってから買おうと思っても、夏に人気がある作業服ですから、早めに購入して準備しておかないと後悔することになります。

 

真夏の外仕事にこの暑さ対策用作業服をお勧めするのは、わたし自身がここ2年間利用して、暑さ対策になると分かっているからです。

 

外仕事の暑さ対策・熱中症対策に空調服がいい

 

わたしは真夏の外仕事で、そばの種まきをしますので暑さ対策として、涼しくなる作業服を使っています。

 

夏は草も伸びてきますから、草刈りもしなければなりません。

 

暑いからと言って朝早くからモーター音を響かせるわけにもいきませんから、どうしても暑い時間帯の外仕事になってしまいます。

 

そういった暑い時間帯での外仕事でも、この空調服を着ていれば涼しいので、暑さ対策としてこの作業服を使っているのです。

 

少しの時間の外仕事なら、水に濡らすとひんやりするタオルや、冷凍して使う暑さ対策グッズでも十分だと思います。

 

とにかく水分補給とともに塩分補給も忘れないことです。

 

 

炎天下の外仕事に最適な作業服と水分補給!

 

炎天下での外仕事をしなければならなくなった時に、どういった暑さ対策をしますか?

 

帽子に水分補給は当たり前ですが、炎天下での外仕事となるとそれだけでは不十分だと思うのです。

 

水分をとるにしてもただ水分補給するだけではダメ!

 

炎天下で汗をかいたりしていると、体内の水分とともに塩分やミネラルも奪われてしまいます。

 

その状態で水分補給だけを行うと、血液中の塩分やミネラルの濃度が低くなり、熱中症の症状が出るときがあるのです。

 

ですから、梅干しとか塩分を含んだ飴や、塩分・糖分を一緒に補給できるスポーツドリンクによる水分補給も有効だと思います。

 

そういった水分補給をしながら、涼しくなる作業服を着て暑さ対策。

 

 

ボランティア活動での外仕事に最適な暑さ対策の服!

 

真夏の暑い時期にボランティアをする場合、暑さ対策は必須条件です。

 

長い時間作業をするといった場合には、涼しくなる作業服を検討してみてはどうでしょう。

 

2020年には東京オリンピックも開催され、真夏の暑い時間帯にボランティア活動をされる方もいると思います。

 

炎天下のコンクリートの上は、相当な温度になっているはずです。

 

暑さ対策はどうするつもりでしょう。

 

オリンピックということで、高齢の方もボランティア活動に参加しているようですが、真夏の昼間の東京の街を歩いたことがありますか。

 

暑さ対策や熱中症対策を今から考えておかないと、命がけのボランティア活動にもなりかねません。

 

そういった暑さ対策の一つとして、スポーツ観戦やボランティア活動にも力を発揮してくれる服があります。

 

 

デザインも豊富な専用の服に小型ファンを取り付け、服の中に外気を取り入れるという夏専用の涼しくなる服があります。

 

小型ファンによって体の表面に風を送ることにより、汗を気化させて涼しく快適にすごせるという空調服です。

 

エアコンの使用できないような場所でも、扇風機を浴びてる感じで快適にボランティア活動やスポーツ観戦ができます。

 

涼しい感じでも汗はかいているので、水分補給も忘れてはいけません。

 

 

涼しい空調服を活用し、暑さ対策を万全にして外仕事をするなら、今年の暑い夏を乗り切る事ができそうです。

 

TOPへ