屋外での暑さ対策グッズ

あなたの住んでいる場所の、今日の温度はどのくらいになりそうですか?

 

今日も気温が高くなりそうなら、屋外では水分補給と暑さ対策は必須です!

 

屋外での仕事なら猛暑対策用作業服として、扇風機のついた涼しい作業服をおすすめします。

 

わたしも真夏の暑さ対策グッズの一つとして、この空調服を使ってみました。

 

 

こういった服は普段着用していないので、良さというものが分かりませんが、真夏に屋外での作業をする時に着てみると、その有難みがよく分かるというものです。

 

夏の暑さ対策にここ2年ほど空調服を使用して、涼しさを実感できていますので、夏の時期だけとはいえ空調服はもう手放せません。

 

真夏の暑さ対策グッズの一つとして、屋外でのスポーツやスポーツ観戦にも、この空調服が活躍するのではないでしょうか。

 

 

真夏の屋外の暑さ対策グッズの一つ猛暑対策用服

 

暑さ対策

 

日本中が暑くなっているのですから、屋外で過ごすなら暑さ対策グッズは必須です。

 

どこに住んでいる人でも、真夏の猛暑の中での屋外の仕事は、やったものでしか分からないものです。

 

誰もが涼しいところで作業ができるならいいのですが、屋外の仕事の場合はどうしても暑さとの戦いになってしまいます。

 

でもいまは猛暑対策として、暑さ対策用グッズもありますし、涼しい作業服もあるのですから、暑さを我慢するのではなく、上手に利用してはどうでしょう。

 

エアコンの効いた涼しい部屋で仕事ができるなら、真夏の暑さ対策も全く関係ない話だと思います。

 

でも真夏の屋外での仕事となると、熱中症との戦いのようなものです。

 

まして40度を超える猛暑日に、何の対策もしないで屋外での現場仕事などをしようものなら、熱中症に気を付けるだけではすみません。

 

猛暑日の屋外仕事の対策として、涼しくなるグッズの一つに作業服があるのですから、これを利用しない手はないと思うのです。

 

屋外の暑さ対策としてこんな使い方

 

真夏の屋外での暑さ対策グッズとしての空調服には、次のような用途があります。

  • 屋外での現場作業
  • 屋外での農作業
  • 屋外でのボランティア活動
  • 屋外でのスポーツ観戦
  • 屋外でのゴルフや練習
  • などに適していますし、それぞれに合ったデザインもあります。

     

    スポンサーリンク

     

     

    猛暑日の屋外での仕事は猛暑対策用作業服で乗り切ろう!

     

    夏の農作業に空調服を使ってみた

     

    わたしも農業をしていますから、真夏の屋外での仕事にそばの種をまくことがあります。

     

    昨年も真夏の暑さ対策として、涼しくなる猛暑対策用作業服の着用で乗り切ることができました。

     

    わたしは小さな農家なので、真夏の暑い時期は仕事をしないつもりでいましたが、どうしてもそばを蒔く時期が8月の中旬ごろですから、猛暑日が続きます。

     

    毎年美味しい秋そばを収穫するために、真夏の暑さ対策として空調服を利用しているのです。

     

    家族で作業するので、それぞれが涼しくなる空調服を着用しています。

     

    そばの種蒔きの他に、夏は草がすごく生えてくるので、屋外での作業も増えてしまうのです。

     

    そういった暑い中での草刈りの時にも、涼しくなる空調服が助けてくれます。

     

    猛暑日の作業もこの空調服に助けられて、暑い夏を乗り切る事ができました。

     

    暑さ対策グッズの一つとして、屋外の仕事に最適な空調服はいかがでしょう。

     

     

    猛暑対策用作業服の構造

     

    作業服の中に小さな扇風機が二つあるといった感じですね。

     

    専用バッテリーを使って2個のファンユニットを回転させ、外気をジャケット内に送り、汗を素早く蒸発させ、涼しさを体感できる仕組みになっています。

     

    小さなファンが回転して汗を気化して外に出してくれますから、涼しくなるのです。

     

    外の温度よりも体の表面が涼しいのですから、仕事もはかどります。

     

    真夏の暑い時の屋外の仕事は大変ですから、暑さ対策として空調服は欠かせません。

     

    作業服には腰の両側にファンを付けるための穴があり、ファンを取り外して洗濯もできます。

     

    屋外で仕事をするための暑さ対策を考えている人や、夏の屋外での現場作業用の作業服としてぜひ一度、検討されるといいと思うのです。

     

     

    屋外スポーツの暑さ対策グッズとしても使える

    夏の高校野球の屋外観戦は、暑さ対策をしてからでないと熱中症の危険が伴います。

     

    スタンドでの観戦となると、日差しも強いのですからなおさらです。

     

    水分補給は当たり前で、色々と暑さ対策をして屋外観戦しているのでしょうが、体全体を涼しくする空調服なら野球観戦も涼しくして楽しむ事ができます。

     

    野球観戦だけに限りませんが、屋外でのゴルフや釣りなど暑さ対策が必要なスポーツをする時にも、空調服は活躍することでしょう。

     

    かっこいい空調服もありますから、用途に合わせた選択ができそうです。

     

    夏の暑さ対策として水分補給と空調服が必要な時期がやってきます。

     

    夏に需要が増えますから暑くなってから購入していては、売り切れも考えられますし、対策に遅れることにもなりますので、早めにサイトを訪問してどういったものがあるのか、じっくり検討してみるというのも大切ですね。

     

    ファンと空調服がセットになっているもので、自分に合ったサイズを選ぶ事も忘れないでください。

     

     

     

    夏の屋外ボランティア活動に暑さ対策グッズ

     

    真夏のボランティア活動で気になるのが、2020年の東京オリンピックの屋外ボランティア活動です。

     

    実際その時期にならなければ、猛暑の怖さが分からないかも知れません。

     

    猛暑の中での長時間の屋外ボランティアとなると、自分で暑さ対策をしなければいけません。

     

    水分補給はもちろん、暑さ対策グッズを準備して、体調管理には十分な注意が必要です。

     

    屋外での暑さ対策を考えた時、この涼しくなる空調服が活躍すると思います。

     

    立っているだけでも暑い、夏の屋外ボランティア活動は、水分補給と帽子に空調服など、暑さ対策グッズで乗り切りましょう。

     

     

    猛暑対策用作業服での失敗談

     

    猛暑対策用作業服のサイズを間違えた

     

    わたしは暑くなってから焦って注文して、サイズを間違えてしまったことがあります。

     

    届いた服を着てみたらコートのように大きなサイズで、目が点になりました。

     

    じぶんでは「Mサイズ」を注文したと思っていたら、「4Lサイズ」だったからです。

     

    返品交渉とかしていると夏の暑さ対策に後れを取ってしまうので、もう一度空調服だけを注文したことがありました。

     

    そういった間違いをしないためにも、サイズ確認などもしっかり忘れずにしましょう。

     

    時期的にも余裕をもって注文することも大切ですね。

     

     

    猛暑対策用作業服の説明書をよっく読まなかった

     

    暑さ対策用の涼しい作業服には、腰の両側に二つのファンがついています。

     

    充電器をセットしてファンを回転させると、涼しい風が背中を抜けて、首回りや袖口から抜けていく感じです。

     

    購入して最初使った時に、ちょっとした失敗をしてしまいました。

     

    説明書をよく読まなかったのが原因ですが、草刈りのため手袋をした時そでを手袋の中に入れてしまったことがあります。

     

    そういった状態だと風が袖口から抜けないので、暑さがこもってしまうのです。

     

    作業服には長袖と半そでなどもあります。

     

    ですから、首元とか袖口から常に風が抜けるようにしておかなければいけません。

     

    風の抜け道があることで、涼しさが持続するようです。

     

    説明書をよく読んでおけばそういった失敗もしないと思います。

    TOPへ